Almost Always

ほとんどいつも

はてしなくありがたいことに

いつも「のべらっくす」でお世話になっている主催者様から、身にあまるお言葉をいただきました。

nogreenplace.hateblo.jp



あの時、自分の書いたものが一番良かったと紹介されたときの喜びはなかなか他で味わうことはないものでした。
自分の書いたものを読んでくださるだけで、十分過ぎるほど嬉しことなのに、さらに加えてありがたいお言葉を度々頂きまして、身にあまる光栄です。


毎度思うのですが、参加者を募集して、宣伝して、投稿作品にしっかりと目を通して丁寧にコメントをつけて、etc
運営にあたりお忙しい中、途方もない苦労のお陰様で、こうやって好き放題書かせて頂いていることに、改めて感謝申し上げます。
ありがとうございます。


第0回のときは、そろそろ自分で書いてもおもしろいものが書けるのかもしれないとぼんやり考えていたころでした。
そんなとき、お題がある・短くていい・感想をもらえる。という三拍子揃ったおいしい話に乗っかりました。

そこから、書くのが楽しくなり次回その次の回と参加していきました。
途中でやめてしまったのは、世の諸作家さんに比べたらこの程度のものを皆さまにお見せするのはお恥ずかしいという思いからでした。

ただ、久しぶりにはてなブログを開いてみると、なんとまだのべらっくすが続いているではありませんか!
勇気付けられたと言えば大げさかもしれませんが、そこでまたもう一度書こうと思ったのが大きなきっかけです。


長くなりましたが、これからもどうぞよろしくお願い致します。