読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Almost Always

ほとんどいつも

虫である前に、水であれ

短編小説

novelcluster.hatenablog.jp

 

こちらの企画に参加させていただきます!

1400文字弱と短めになっています。

一読、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

 

 

 

虫である前に、水であれ


今、僕のまぶたの裏に映るのは、小さな頃に憧れた豪華絢爛な蝶の標本箱ではない。そうではなく、不恰好な芋虫が命を一生懸命使い、身の程を知らない量の餌に挑んでいる姿だ。

ようやく僕は自分の弱さを認められる道を選び始めた。
季節が次々と変わっていき、死んだ後に生まれることを繰り返すうちに、僕の命も森羅万象に応えるように形を変えていった。僕の命の形は、バランスを崩しながら羽ばたく蝶ではなくなった。もう一度、僕は身体をドロドロに溶かし、変態をし直す途中にいる。

 

見上げる天井は暗い。店の中央にある巨大な水槽は、青いネオンの光を浴びて人工的に作られた海水と、そのことに気が付かない珊瑚礁らを照らしている。周回する熱帯魚の放つものは、カクテルの持つ煌びやかさとは似て非なるものだった。

横に座る彼女は少しずつカクテルに口をつけている。それはいつもと変わらないように思える。けれど、実際はプリズムの中で起きる乱反射のように、いくつもの違った毎日が交錯している。

目を瞑ると、水音が聞こえてくる気がする。彼女を想うと、雨であり雫でありながら、僕を生きとし生きるように心臓を叩く静かな重さを感じる。不規則で、夢遊病者の叩く手拍子のようなテンポで水が鳴く。ひときわ大きな感情の奔流が、僕を包み込んで唐突に世界から引き離す。流れに身を任せ、上下逆さまになった僕は平衡感覚を失う。居心地の良さが僕を支配する。

「眠いの?」

彼女が僕に声をかける。僕は目を覚ます。カクテルの底に隠れた強いアルコールが、彼女の瞳を淡く潤ませている。渇きは彼女に似合わず、満たすことを恐れない彼女の優しさが溢れている。

「ちょっとだけ眠くなっちゃった。そんなに飲んでないんだけどね」
「そろそろ出てもいいと思うよ」

規則正しいテンポが折り重なって、僕らは不規則の中で息をしている。クレジットカードの伝票にサインをして店を出る。店の外は、営業中を示す看板のネオンで明るい。石畳を彼女と並んで歩く。季節は秋に差し掛かるというのに、随分と暑かった。アルコールを受け付けた身体がじんわりと汗を掻く。大通りをいくつか外れると細い道に入る。必要なのかわからないオフィスビルの背中が遠ざかっていく。

「明日、朝早いよね」

とりとめのないの会話の中で、いつも僕は彼女が眠る姿を想像する。夢も見ないような深い眠りの中で、彼女が望むように満たされることを願う。

「うん。一限からあるから大変」

彼女はそんなことよりも、とすぐに眠りについてとは違う話をする。僕も、いつまでもそれについての話をしたいわけではないので、彼女の新しい話に耳を傾ける。彼女の声音に蝶の羽ばたきの音を聞く。僕はまだ蛹になる準備をようやく始めたところで、それは身分違いの恋かもしれない。

会話の波が沈み、代わりに穏やかな沈黙が顔を覗かせる。彼女が僕の腕を掴む。徐々に力が込められ、痛みが伴うようになる。ゆっくりと彼女の爪が腕の肉に食い込む。
無音の世界の言語は、相手を感じる体温と痛みだけなのかもしれない。覗き見る彼女の横顔は、ほんのりと上気している。

彼女の存在を強く感じるほど、僕の足取りは軽くなる。絡まり合う関係性と反比例して、際限なく上昇していく気持ちを抑えることはできなかった。僕と彼女の二人の夜道は、地下深くの財宝へ続く隠し通路のようにひっそりと存在しているのだった。

海に於ける誇張

novelcluster.hatenablog.jp

 

 

今回のお題は海です!

一読よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

海に於ける誇張

夕焼けが、雲の隙間をぬって僕の肌を焦がす。海沿いの砂が転がるアスファルトを素足で歩く。短く切った爪の間に砂が詰まった。僕の二歩先を行ったところを彼女が歩いている。歩こうと言い出したのは彼女からだった。僕は言われるままについていっている。主体性がないと言って彼女は僕をなじる。

「いつも思うのだけれど、あなたはいつも私の思い通りよね」

そうは言われても、僕はそれで構わないと思っているし、むしろ主体的に言いなりになっているから、僕としても思い通りにいってる。

今年になって海に来るのは二度目だった。一回目は車で来た。車を停める場所がなかなか見当たらなかったことを覚えている。彼女は何も思ってなかっただろう。でも、僕は早く車を降りて、海に行きたかった。海の風を、潮風が肌にまとわりつく不快感を味わいたかった。その時の僕は、駐車場を探すことで頭がいっぱいだった。

彼女は、窓を開けて風を味わっていた。満ち足りた顔つきなのかはわからないけれど、その時の彼女の横顔は輪郭がないまどろみのようだった。時折見せる彼女の柔らかい視線は、最後の最後に僕を捕まえてくれる。

目は、間違いなく人間にとって大切な器官のうちの一つだ。僕は彼女の目を通して僕を見る。僕は彼女を愛しているし、僕に愛される彼女が好きだ。彼女が愛する僕も好きだし、彼女のことも好きだ。

「ねぇ、隣に来てよ」

前を歩いていた彼女が僕を振り返る。西の日差しは彼女の左半分に陰を生む。僕は、彼女の手をとって横に並ぶ。いつもは冷たい彼女の手が今日はあたたかい。僕の手はいつも温かい。しばらくすると、手のひらが汗ばんでいるのを感じる。彼女はそれを嫌がって離そうとして、指先だけを絡める。しばらくして、また手を繋ぎ直す。

無言で歩くうちに、アスファルトの足元が完全な砂浜に変わっていった。人が多い。いつも来ているわけはないから比較できないけれど、僕は多いと感じた。犬もいる。もちろん、犬は人よりずっと少ない。

夕暮れ時は、悲しみを連想させるような哀愁を呼び起こさせるけど、若い僕たちはそんなことなかった。燃え上がるわけでもないが、感傷にも浸らなかった。それに、人が多かった。

「喉が渇いたわ」
「屋台をみてみようよ」

短い言葉を交わして、僕らはまた歩き始める。一歩進むごとに僕の胸の中で、後悔の気持ちが大きくなってくる。本当に彼女はいま幸せなのだろうか。僕には、誰かを幸せにすることなんて荷が重かったのではないだろうか。

屋台で焼き鳥とビールを買った。一口、歩きながら頬張る。海のせいなのか、塩味が強い気がする。

テラス席の適当な場所に座り、ほんのすこしの間で温くなったビールを喉に流す。ビールは舌で味わうものじゃないと辿り着いたのは最近のことだ。

「日が暮れても暑いのね」
「夏だもん」
「知ってるわ」

彼女は飲み物に口をつけない。僕はもうカップの半分以上を飲んでしまった。彼女は喉が渇いていないのだろうか。さっきから通りすぎる男らが、好奇な目でもって彼女に視線を残していく。それも彼女は気付いているのだろうか。

「さっきから、君をいやらしい目で見る男達が後をたたないんだ」
「そうなの?」
「たぶん、そうだと思う。でも、君のせいじゃない」
「そうね、でも。ごめんなさいね」
「謝ることじゃないんだ。僕が口に出すべきことでもなかった」
「そうとは思わないよ」

僕は、彼女の続きの言葉を待ったけれど、それで終わりだった。小さい頃から僕は勇気を出すタイミングを間違えて損をしている。人によっては、そのことがとても苦しい足枷になってしまうのかもしれない。けれど、僕はどう思っているのだろうか。うんと悩んでみたことはまだ無い。だから、わからない。彼女が立ち上がった。

「足だけ、海に入りたいな」

ああ、そうだ。こういうところを僕は好きになったんだ。彼女は僕のことを引きずらない。でも、僕のことを大切にしてくれている。その優しさは、決してカタチにならない。残ったビールを一息に飲み干して、ゴミを手早く片付ける。その間、彼女は待っていていくれる。小さな愛だ。

海は、冷たかったと思う。すぐに、その温度に慣れてしまったから感覚をしっかりと記憶できなかった。波打ち際を手を繋いで並んで歩く。相変わらず、人は多い。

時々ふざけて彼女は僕の足を踏む。転びそうになるけど、僕はしっかりと踏ん張る。腰を落として重心を低くするのだ。正直、その姿は間抜けだと思う。間抜けな姿だけど、僕は転ばない。